東京府中のバイクショップ、ウインドジャマーズの   店長とスタッフの日々の仕事ぶりをご覧あれ!

« 新着情報 | Main | 高野のつぶやき♪ »
整備力アップ!  2014年12月20日(土)
ウインドジャマーズ府中店のトウマです

こんばんは

私のパソコンをいじってる

怪しい後姿・・・・・・・誰だ!




誰だ!チョー怪しい!

近所の小学生か!それとも赤ちゃんか!


続きを読む…  
ツルゾーくん 買いました!  2011年04月04日(月)
コンバンハ

ウインドジャマーズ府中店のトウマです

多摩地区 最大級のサービス工場を誇る我が府中店は

こんなものを買いました


続きを読む…  
新品同様?  2007年02月12日(月)
こんにちは    “ライディングアドバイザー” 高野です。 

“二等兵”より昇格いたしました〜 


今日は、当店で取り扱いをしております

“MOMO DESIGN” のヘルメットクリーナーについて・・・

先日のブログにも載せましたが、只今「マットタイプ」のヘルメットをご購入のお客様に
キャンペーンとしてミニサイズのヘルメットクリーナーをプレゼントいたしております。 

そこで、このクリーナーがどのくらい効果があるのか 
当店でご購入いただいて現在もご愛用中のお客様のヘルメットで実験してみました。


まずは、使用前・・・




お色が「マットブラック」なので、全体の汚れはあまり目立ちませんが、
装着・脱着時に触れるサイドの白い文字が随分と黒くなってしまってました。


わかりやすいように、「MOMO DESIGN」の“O”のみにクリーナーをかけてみました。




両サイドの“M”の文字と比較してみると一目瞭然 
かなり汚れが落ちていることが写真でもわかります。
実際、現物では、もっとクッキリハッキリわかりましたよ。




全体をクリーナーがけしたものと、新品を並べてみました。
細かいキズまでは無理ですが、全体的にスッキリ 
最後にシールドも磨き上げ  視界も鮮明に 

綺麗にしてみる事で、随分汚れていたんだね〜と再認識。
日々使用していくうちに徐々に汚れていくものなので、
こんなに〜・・・と、以外に気が付かないものなのですね。


「次のツーリングは、きれいなヘルメットで参加できるよ 」 
とお客様も大満足 
大変喜んでいただけました。

こんなに違いが出るんですね。
「きれいに」「お洒落に」ご利用いただくには、日頃のメンテナンスも大切ですね 

S様、ご協力ありがとうございました。






 
楽しく乗り続ける為に・・・  2007年02月10日(土)
こんばんは  “肩書き募集中”の高野です。 

今日は、「(昨日の)ブログを見て久々に遊びに来たよ」 
とご来店いただいたお客様がおりました。

“ありがとうございま〜す”  
うれしいですね〜 こういうお声がけは 
明日からの《がんばり》 につながりますヨ〜 


今日から三連休  
朝のうちは昨夜の雨の残りからか曇り空で道路も空いてましたけど 
お昼過ぎくらいになってお天気も安定してきたら・・・
混んできましたねぇ・・・・ 。。。

みんな、どこへ行くのかな・・・? 



さてと、今日の本題に入りましょうかね 

今夜はこないだの「日常点検」の続きで

「定期点検」についてです。



《定期点検整備制度》

安全の確保、公害防止の観点から、バイクの定期点検は、法定で6ヶ月及び12ヶ月ごとに
実施いなければなりません。
定期点検整備項目には、法律または法律に準じて行う点検整備の他にメーカーが指定する
点検整備項目があります。
(詳しくは、メンテナンスノートをご参照下さい)
定期点検はユーザー自身に義務付けられており、法律でもバイクの保守管理責任は、
そのバイクのユーザー自身にあることが明記されています。



きちんと定期点検整備していれば性能を維持出来ますが、
未点検・未整備では性能がだんだん低下してしまいます。



オートバイには、こんな部品が使用されています

バイクにはタイヤ、ブレーキ、Vベルトなど磨耗消耗する部品や
経年変化で劣化するゴム類の部品やエンジンを冷却したりする冷却水、
エンジン部品の磨耗を防ぐオイルが使用されております。
定期点検整備の時期、メーカー指定点検整備時期には点検・交換を行う必要があります。


「主な磨耗部品」



タイヤ・ブレーキパッド・ワイヤ類・クラッチ板・ブレーキシューの他
ドライブチェーン・Vベルトなど・・・


「主なオイル・液類」



バッテリー液・ブレーキ液・クラッチ液
エンジンオイル・トランスミッションオイル・冷却水など・・・


「主なゴム部品」



燃料ホース・クラッチホース・ブレーキホース・冷却水ホース
マスタシリンダカップ・キャリパシール他
オイルシール・オーリングなど・・・

カタカナの名前がいっぱいですね・・・ 
そんな時こそ 
当店のサービススタッフまでお気軽にご相談下さい。

頼りになるサービススタッフが、わかりやすく丁寧にご説明させていただきます 




 
いつまでも楽しく過ごすために♪  2007年01月28日(日)
こんにちは “肩書き募集中”高野です。 

この週末は、予報に反して暖かい陽気になりましたね〜 
今年はやっぱり暖冬なんですかね・・・?
な〜んて安心していたら、ポロッとになったりしますからね。 
まだまだ油断大敵!ですかね。

この暖かさで昼間ついつい軽装でオートバイの乗ってしまって・・・ 
夜になって冷え込んで・・・ 
な〜んてならないように、しっかり寒さ対策して楽しく乗ってくださいね。 

一枚多く着込んでおいて暑ければ脱ぐ!でしたら調節もききますけど、
何も準備して無ければ寒くなっても着込むことも出来ないですからね。
 ↑ これがいつも私が荷物の多い原因なんですけどね。。。


さて今日は、いつも楽しませてくれるかわいいパートナー(オートバイ)と
いつまでも楽しい時間を共有できるように、
簡単な「日常点検」について紹介しておきます。



日頃のちょっとした確認で、オートバイから発している小さなメッセージをいち早く発見!
思わぬアクシデントを防ぎましょう 


日常点検12のチェック



1.バッテリー液の量

2.リアブレーキリザーバタンクのブレーキ液の量

3.ブレーキレバーの遊び、きき具合

4.フロントブレーキリザーバタンクのブレーキ液の量

5.ブレーキペダルの遊び、きき具合

6.灯火装置及び方向指示器

7.エンジンオイルの量

8.冷却水の量

9.タイヤの空気圧、亀裂、損傷、異常磨耗、溝の深さ

10.エンジンのかかり具合、異音

11.低速、加速の状態

12.運行において異常が認められた箇所

の12項目が基本となる走る前のメンテナンスです。 


なんだか面倒くさいな・・・なんて思っている人いませんか?


文字にすると堅苦しいイメージですが、
いつもオートバイに乗り出す前、エンジンをかけて暖気運転。
この間に出来ちゃったりするんですよ。 


駐輪場からオートバイを移動して停車するだけで



オートバイを停車するときに、ブレーキかけますよね。


暖気運転開始!



灯火装置の確認は出来ますよね。


後は身支度をしながらオートバイの周りを一周・・・
タイヤを見たり、ブレーキ液を見たり



ほら!たったこれだけの間でほとんどの点検事項をクリアしているんですよ 

もともとバイクは、メンテナンスを実施することを前提に作られております。
多くの部品の集まりであるバイクは、走る、曲がる、止まるの操作の繰り返しにつれ
部品の劣化や磨耗が進みます。
快適なバイクライフを楽しむためにも日常点検でバイクの状態を確認しましょう。
法律でもバイクの保守管理責任は、そのバイクのユーザー自身にある事が
明記されています。

とかなんとか、堅〜いお話もありますが、、、

貴方の大切なパートナーです。
いつまでも大切に取り扱ってあげてくださいね。 
そうすればきっと パートナーも貴方の想いにこたえてくれるはずですよ 



 

リンク集
最新記事
2015年07月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ